資金調達で即日ファクタリングでの手数料を解説 おすすめ会社も

本記事では、資金調達で利用する即日ファクタリングにかかる手数料について、ファクタリング会社がどのように手数料を決定しているのでしょう。そのことについて詳しく解説しています。

 

また、最後におすすめファクタリング会社を厳選し5社に絞って紹介しています。

それぞれの「所在地」、「営業範囲」、「買い取り額」、「手数料」、「入金までの日数」、「お客様」、「契約方法、その他」、「必要書類」、「特徴」を詳しく調査して載せています。

どの会社も安全で安心して利用できます。どうぞ参考にしてください。

● 即日ファクタリングにかかる手数料

ファクタリングを手掛けるファクタリング会社は、どのように利益を得ているのでしょうか。これを理解すると、ファクタリングの理解が深まります。

 

ファクタリング会社は、主に手数料によって利益を得ています。買い取る売掛金の性質に応じて手数料率を決め、売掛金の額面に手数料率を乗じた金額で買い取るのです。

 

例えば、額面100万円の売掛金を手数料率10%で買い取る場合、

100万円×10%=90万円

となり、自社には90万円が支払われます。

 

● リスクに応じて手数料が変わる

ファクタリング手数料は、ファクタリング会社ごとに設定が異なりますが、簡単に言えば買い取る売掛金の信用度によって決まります。

 

ファクタリング会社は、買い取った売掛金が支払われることで初めて利益が得られます。支払われないリスクが低ければ手数料率が低くても採算は取れ、逆にリスクが高ければ手数料率を高めなければ採算が取れません。

したがって、手数料率を設定するにあたっては、債務者となる会社の信用調査を行うことも必要となり、

売掛先は実在するか?
売掛先に支払い能力はあるか?
売掛金が他の債権者に差し押さえられるリスクはないか?

などを調査します。このため、手数料には調査費用も含まれています。

 

この仕組みは、二社間ファクタリングと三社間ファクタリングの手数料の違いによく現れています。

二社間ファクタリングは、三社間ファクタリングに比べて手数料が高いのが普通です。なぜなら、ファクタリング会社が売掛金を買い取る際のリスクに関係しているからです。

三社間:債務者がファクタリングに関与するため、債務者の実在を確認でき、資料の提供も求められる。信用調査が容易である(コストをかけずに調査でき、リスクに応じて適正な手数料を設定できる)

二社間:債務者がファクタリングに関与しないため、債務者の信用調査を入念に行う必要がある(調査に時間とコストがかかる。あまり時間をかけない場合、リスクをやや高く見積もって手数料を設定する必要がある)

上記のような違いがあるために、二社間ファクタリングは三社間ファクタリングよりもリスクが高い傾向があり、手数料も高くなるのです。

 

もっとも、二社間ファクタリングであっても、債務者の信用が高ければ三社間ファクタリング並の手数料になることも多く、必ずしも手数料が高いわけではありません。

 

● 売掛金の額面

ファクタリング手数料は、売掛金の額面が大きいほど低く、小さいほど高くなる傾向があります。
特に、額面が極端に大きい、あるいは小さい場合には手数料が大きく左右する可能性があります。

 

例えば、10万円の売掛金を手数料10%でファクタリングすれば、ファクタリング会社の売上は1万円に過ぎません。経費を差し引くと利益はほとんど見込めないため、手数料率を引き上げる必要があります。

 

一方、売掛金1000万円をファクタリングする場合、同じ10%の手数料でも100万円の売上を見込むことができ、大きな利益が期待できます。手数料の引き下げも容易です。

 

このように、売掛金の額面によって収益性が大きく左右されるため、額面次第では手数料に大きく影響することがあります。

 

● 回収サイトの長短

売掛金の回収サイトも手数料に影響します。
回収サイトとは、売掛金が入金されるまでにかかる期間のことです。回収サイトが長ければ、売掛金が現金になるまでに時間がかかります。

 

ファクタリング会社にとって、売掛金は商品・在庫にほかなりません。買い取った売掛金が支払期日を迎えて現金になれば、次回の買い取り資金に回すことができます。一般的な会社が商品や仕入れ、販売することで現金に変え、次回の仕入れ資金に回す流れと同じです。

 

ファクタリング会社が「買い取った売掛金の回収サイト」は、一般の会社における「仕入れた商品の在庫回転期間」に相当するのです。
経営効率を高めるには、仕入れる商品の回転期間は、短ければ短いほど望ましいです。在庫管理コストも少なく、現金が在庫として拘束される期間も短く、資金繰りもスムーズになります。

 

同じように、ファクタリング会社が買い取る売掛金の回収サイトも、短いほうが好都合です。売掛金の管理コストをカットでき、現金が売掛金として拘束される期間も短く、資金繰りも円滑になります。

 

以上の理由から、

 

 

ファクタリング会社は回収サイトの短い売掛金を優遇し、手数料も低くなる傾向があります。逆に、回収サイトが長い売掛金は手数料が高くなる可能性があります。

 

● 自社とファクタリング会社の関係

利用するファクタリング会社との関係によっても、手数料は変化します。
これは、銀行融資でも同じです。付き合いのない会社とは信頼関係がないため、新規融資の金利は高くなる傾向があります。一方、付き合いが長い会社であれば信頼関係にあるため、金利も低くなりやすいです。

 

ファクタリングも、取引回数を重ねるにつれて、自社とファクタリング会社の信頼が深まっていきます。ファクタリング会社にとって、自社が「リスクの低い売掛金を、繰り返し買い取らせてくれる会社(=多くの利益をもたらしてくれる会社)」であるならば、他のファクタリング会社に乗り換えられないためにも手数料の優遇を検討してくれます。

 

ただし、銀行融資とは違って、ファクタリングは新規取引の場合に手数料が低くなることもあります。

ファクタリングが徐々に普及しつつある今、ファクタリング会社の数も増えてきており、どの会社でも新規顧客の獲得に力を入れています。このため、ファクタリング会社の乗り換えによって手数料が引き下げられることも多いです。

 

● 即日ファクタリングに求めるスピード

このほか、ファクタリングに求めるスピード感でも手数料は変わります。

ファクタリングを利用する会社の多くは、できるだけ早い資金調達を求めています。しかし、素早い対応を求められた場合、ファクタリング会社は売掛金の調査に費やせる時間が少なく、リスク測定が困難になります。

 

リスク測定が不十分な状態でファクタリングするならば、リスクを高めに見積もる必要があるため、手数料も高くなります。実際に、即日対応のファクタリングでは、手数料が高めに設定される傾向があります。

 

ただし、スピードによる手数料への影響は、ファクタリング会社によってかなり異なります。
例えば、ファクタリングを初めて依頼する会社が即日対応を依頼した場合でも、取引実績が豊富なファクタリング会社であれば、

過去の取引データに照会して債務者情報を把握し、即座にリスクを把握できる
ノウハウが豊富であり、新規に取り扱う売掛金・債務者でもスピーディに調査できる

などの理由から、低い手数料で利用できることも多いです。

 

● 手数料の理解が即日ファクタリングの会社選びに役立つ

ファクタリング会社によって手数料の設定は様々ですが、基本的な考え方を押さえておけば容易に理解できます。

例えば、

 

ファクタリング会社の乗り換えで手数料が下がった
⇒そのファクタリング会社が新規顧客獲得に力を入れているため

 

同じ債務者の売掛金を繰り返しファクタリングすると手数料が下がった
⇒過去の実績からリスクが低いことが分かっており、手数料を下げても採算が取れるため

 

新規取引・即日対応なのに手数料が安かった
⇒ファクタリング会社のデータベース(過去のファクタリングデータ)で、リスクの低い売掛金であることが分かったため

 

といったように、的確に理解できるのです。

 

この知識は、ファクタリング会社を選ぶ際に役立ちます。手数料が妥当か、割安か、割高かを比較しながらファクタリング会社を選べるため、自社のニーズに最適な会社を選びやすいのです。

 


 

ここまでの記事はファクタリングのMSFJ株式会社の公式サイトから転載しました。

MSFJ株式会社

● おすすめのファクタリング会社5社

株式会社No.1
MSFJ
QuQuMo online
アクティブサポート
トップ・マネジメント

 

当サイトのおすすめファクタリング会社です。
どうぞ参考にしてください。

 

株式会社No.1

株式会社No.1のファクタリング必要項目の一覧です

MSFJ

MSFJ のファクタリング必要項目の一覧です

QuQuMo online

QuQuMo online のファクタリング必要項目の一覧です

アクティブサポート

アクティブサポート のファクタリング必要項目の一覧です

トップ・マネジメント

トップ・マネジメント のファクタリング必要項目の一覧です

● まとめ

ファクタリングはこんな方におすすめです。

■ 突発的に資金調達が必要になった方
■ 資金繰り(キャッシュフロー)改善を行いたい方
■ 融資を受けるまでの「つなぎ資金」が必要な方
■ 売掛債権(売掛金)の支払いサイトが原因で資金繰りが悪化している方
■ 売掛債権(売掛金)の未回収リスクをなくしたいと考えられている方

ファクタリングは銀行などより早く簡単に現金化が可能です。
でも銀行や政策金融公庫と比べると金利(手数料)が高いです。

大事なことは、ファクタリングを利用することで急場をしのいだら、銀行などから融資を受けるように、徐々に持っていきたいですね。大きな金利(手数料)を何度も支払っていると、やはり経営を圧迫してくるかもしれませんよね。

◎ ファクタリング関連コラム

ファクタリング基礎知識の解説-資金調達 メリットとデメリット

資金調達 即日入金可能なファクタリング 仕組みやメリットを解説

ファクタリングの悪質業者に要注意 手口の特徴や事例を徹底解説

ファクタリングとは 即日で資金調達の仕組み 2社間・3社間の違い

ファクタリング会社の選び方 悪徳業者を見極め安全な資金調達を

ファクタリング(請求書買取サービス)とは?簡単に資金調達が可能

ファクタリングで買取不可の債権とは?利用前に確認が大事ですよ

フリーランス・個人事業主の資金調達 最短即日はファクタリング

もも
もも
このサイトはWordPressで作成しています。

◇ WordPressテーマは「「Diver」」です。

◇ レンタルサーバーは「mixhost(ミックスホスト)」です。
はな
はな
ありがとうございました。 TOPページへ戻る
おすすめの記事