即日の資金調達ならファクタリング メリットを解説 おすすめ会社も

資金調達を即日利用するならファクタリングが最適です。
本記事ではそんなファクタリングのメリットを徹底解説しています。

 

また、最後におすすめファクタリング会社を厳選し5社に絞って紹介しています。

それぞれの「所在地」、「営業範囲」、「買い取り額」、「手数料」、「入金までの日数」、「お客様」、「契約方法、その他」、「必要書類」、「特徴」を詳しく調査して載せています。

どの会社も安全で安心して利用できます。どうぞ参考にしてください。

● ファクタリングのメリット

資金に困っているときに、わざわざコストをかけてファクタリングを依頼し、資金調達することに疑問を感じる人もいると思います。

 

しかし、ファクタリングにはコストをかけるだけのメリットがあります。ファクタリングのメリットを見ていきましょう。

 

◆ 財務・業績に関係なく利用できる

銀行融資の場合、銀行は貸し倒れリスクを重視します。このため、決算書などの資料を分析し、慎重に審査したうえで融資の可否を決定します。

 

当然ながら、財務や業績に何らかの問題があれば融資は受けられません。ある銀行から融資を断られた場合、他の銀行も警戒するため、どこからも融資を受けられず資金繰りが行き詰ってしまうことがあります。

 

一方、ファクタリングにはこのような審査がありません。もちろん、売掛先に対する審査はありますが、ファクタリングを依頼する自社が審査を受ける必要がないため、自社の財務や業績に問題がある場合でも利用できます。

 

銀行融資が受けられずに資金繰りが危ない時、ファクタリングで資金調達できるのは大きなメリットです。

 

◆ スピーディな資金調達

 

スピーディに資金調達できることもファクタリングのメリットです。

 

銀行融資は、資金調達に時間がかかります。審査自体にも時間がかかり、審査後に銀行内で行われる稟議にも時間がかかります。

多額の借り入れを希望する場合には、支店だけではなく本店にも稟議が上げられるため、さらに時間がかかってしまいます。

 

手元資金に余裕があれば、時間がかかっても特に問題はありません。しかし、手元資金が乏しく、決済の期日も迫っている状況であれば、ともかく資金繰りを回せるだけの現金を素早く調達する必要があります。

 

売掛金の入金は、取引先との契約に応じて期日が決まっているため、自社の資金繰りの都合で回収することはできません。この意味において、「そのままの状態では支払いに利用できない売掛金」は、「そのままの状態で何にでも利用できる現金」に劣ります。「キャッシュ・イズ・キング」とはまさにこのことです。

 

手元の売掛金がいくら豊富でも、手元の現金が枯渇していれば支払いはできず、資金繰りは破綻します。これが「黒字倒産」です。

 

言い換えるならば、黒字倒産は「きちんと経営できているにもかかわらず、入金が支払いに間に合わず倒産する」ことなのですから、これほど残念なことはありません。このような会社は、ファクタリングを活用するべきです。

 

ファクタリング会社の多くが即日対応をしているため、手元に売掛金さえあればすぐに資金を調達できます。黒字倒産も防げます。

 

◆ 負債にならない

銀行であれノンバンクであれ、融資によって調達した資金は貸借対照表に負債として計上されます。

 

負債自体はなんら悪いものではなく、正当な借り入れであれば評価されることもありますが、負債が大きすぎる場合、特に債務超過状態であれば大きなマイナス評価を受けてしまいます。

 

また、金利の高い負債が計上されている場合にも、会社の信用が落ちる可能性があります。
この点でも、ファクタリングならば問題ありません。ファクタリングは借金ではなく、あくまでも「売掛金の譲渡による資金調達」であるため、負債には計上されません。

 

銀行融資を受けた場合と、ファクタリングを利用した場合の財務上の変化を比較すると、

 

銀行融資:現金・預金借入額分の増加、借入金借入額分の増加
ファクタリング:現金・預金ファクタリング分の増加、売掛金ファクタリング分の減少、借入金変わらず

となります。

 

ファクタリングの場合の財務の変化を見れば、売掛金を回収した場合と何ら変わらない変化が起きていることが分かるでしょう。

 

このため、後日、銀行融資の審査を受ける際には、「資金繰りを回すためにファクタリングを利用した会社」ではなく「売掛金を順調に回収し、きちんと資金繰りを回している会社」とみなされ、審査にプラスになることも期待できます。

 

◆ 担保・保証人不要

銀行融資では「保全の充足」を重視し、担保や保証人を求めることが多いです。

特に中小企業の場合、基本的に経営基盤が脆弱であるため、無担保のプロパー融資を受けられる会社は限られます。

 

不動産などの価値の高い担保、信用保証協会の保証などと紐付けた場合、業績や財務に問題がある企業でも融資を受けられる可能性が高まります。

 

しかし、担保になる資産を持っておらず、信用保証協会の保証枠もすでに使い切っている会社も多いことでしょう。そのような会社にも、ファクタリングが役立ちます。

 

ファクタリングは融資とは異なるため、ファクタリング会社は担保や保証を求める必要が一切ありません。したがって、担保がない・保証人がいない会社でも全く問題ありません。

 


 

ここまでの記事は「MSFJ株式会社の公式サイト」から転載しました。

MSFJ株式会社

 

● おすすめのファクタリング会社5社

株式会社No.1
MSFJ
QuQuMo online
アクティブサポート
トップ・マネジメント

 

当サイトのおすすめファクタリング会社です。
どうぞ参考にしてください。

 

株式会社No.1

株式会社No.1のファクタリング必要項目の一覧です

MSFJ

MSFJ のファクタリング必要項目の一覧です

QuQuMo online

QuQuMo online のファクタリング必要項目の一覧です

アクティブサポート

アクティブサポート のファクタリング必要項目の一覧です

トップ・マネジメント

トップ・マネジメント のファクタリング必要項目の一覧です

● まとめ

ファクタリングはこんな方におすすめです。

■ 突発的に資金調達が必要になった方
■ 資金繰り(キャッシュフロー)改善を行いたい方
■ 融資を受けるまでの「つなぎ資金」が必要な方
■ 売掛債権(売掛金)の支払いサイトが原因で資金繰りが悪化している方
■ 売掛債権(売掛金)の未回収リスクをなくしたいと考えられている方

ファクタリングは銀行などより早く簡単に現金化が可能です。
でも銀行や政策金融公庫と比べると金利(手数料)が高いです。

大事なことは、ファクタリングを利用することで急場をしのいだら、銀行などから融資を受けるように、徐々に持っていきたいですね。大きな金利(手数料)を何度も支払っていると、やはり経営を圧迫してくるかもしれませんよね。

◎ ファクタリング関連コラム

ファクタリング基礎知識の解説-資金調達 メリットとデメリット

資金調達 即日入金可能なファクタリング 仕組みやメリットを解説

ファクタリングの悪質業者に要注意 手口の特徴や事例を徹底解説

ファクタリングとは 即日で資金調達の仕組み 2社間・3社間の違い

ファクタリング会社の選び方 悪徳業者を見極め安全な資金調達を

ファクタリング(請求書買取サービス)とは?簡単に資金調達が可能

ファクタリングで買取不可の債権とは?利用前に確認が大事ですよ

フリーランス・個人事業主の資金調達 最短即日はファクタリング

もも
もも
このサイトはWordPressで作成しています。

◇ WordPressテーマは「「Diver」」です。

◇ レンタルサーバーは「mixhost(ミックスホスト)」です。
はな
はな
ありがとうございました。 TOPページへ戻る
おすすめの記事