要注意 ファクタリング利用において留意点の解説 おすすめ会社も

即日の資金調達でファクタリングを利用するときに、注意するべき点があります。
本記事では、そんな注意点を徹底解説しています。

 

また、最後におすすめファクタリング会社を厳選し5社に絞って紹介しています。

それぞれの「所在地」、「営業範囲」、「買い取り額」、「手数料」、「入金までの日数」、「お客様」、「契約方法、その他」、「必要書類」、「特徴」を詳しく調査して載せています。

どの会社も安全で安心して利用できます。どうぞ参考にしてください。

● 即日ファクタリングを利用する上での注意点

経営改善にも活用できるファクタリングですが、実は諸刃の剣であることに注意しなければなりません。使い方次第で危険に陥る可能性もあるのです。

 

ファクタリングには手数料がかかります。ファクタリング会社もビジネスでファクタリングを手掛けているのですから、手数料がかかるのは当然です。

 

しかし、手数料が財務に与える影響はきちんと把握しておくべきです。なぜならば、ファクタリングの使い方を間違えてしまうと、財務悪化の危険性があるからです。

 

分かりやすい例で考えると、

ファクタリング会社の選び方が悪いために、高すぎる手数料を支払ってしまう
手数料は適正であるものの、無計画に利用してしまう

といった場合に、財務悪化の危険性が高まります。

 

◆ 手数料が高いファクタリングは危険

具体的に考えてみましょう。

 

利益率が10%の会社では、1000万円の売掛金のうち100万円が利益となります。この売掛金を手数料20%でファクタリングした場合、800万円の現金が即座に得られるメリットはあるものの、手数料率が利益率を上回っているため、経費その他を差し引くと100万円の赤字になってしまいます。

 

このようなファクタリングも、一時的な資金難を乗り越えるためには役立ちます。しかし、繰り返し利用すれば業績そのものが赤字になってしまう危険があります。
銀行は赤字の企業に融資しないのが普通ですから、銀行融資を受けられなくなり、泥沼に陥る危険があります。

 

◆ 無計画な利用は危険

手数料が低いファクタリングでは、このような状況には陥りにくいといえますが、それでも無計画に利用すべきではありません。ファクタリングした上で利益が残るとしても、手数料が利益を圧迫することは避けられないからです。

 

利益率10%の会社が、1000万円の売掛金を5%の手数料でファクタリングした場合、最終的な利益は50万円に目減りします。利益率が10%ですから、減少分の50万円を取り戻すには500万円の売上が必要となります。

 

経営者であれば、売上を伸ばす難しさ、利益率を高める難しさは誰もが痛感しているはずです。

無計画なファクタリングは利益を圧迫し、目減りした利益の補填のためにさらなる売上が必要となり、苦しい状況を招く恐れがあります。

 

◆ 危険を防ぎつつ活用を

したがって、

手数料が高いファクタリング会社は絶対に避ける
できるだけ手数料が低いファクタリングを選ぶ
計画的に利用する
ことが、ファクタリングの最大の注意点といえます。

 

この注意点に気を付けさえすれば、ファクタリングのメリットを最大限に活かし、経営効率を高めることさえも可能となります。

 


 

ここまでの記事はMSFJ株式会社の公式サイトから転載しました。

 

MSFJ株式会社

 

● おすすめのファクタリング会社5社

株式会社No.1
MSFJ
QuQuMo online
アクティブサポート
トップ・マネジメント

 

当サイトのおすすめファクタリング会社です。
どうぞ参考にしてください。

 

株式会社No.1

株式会社No.1のファクタリング必要項目の一覧です

MSFJ

MSFJ のファクタリング必要項目の一覧です

QuQuMo online

QuQuMo online のファクタリング必要項目の一覧です

アクティブサポート

アクティブサポート のファクタリング必要項目の一覧です

トップ・マネジメント

トップ・マネジメント のファクタリング必要項目の一覧です

● まとめ

ファクタリングはこんな方におすすめです。

■ 突発的に資金調達が必要になった方
■ 資金繰り(キャッシュフロー)改善を行いたい方
■ 融資を受けるまでの「つなぎ資金」が必要な方
■ 売掛債権(売掛金)の支払いサイトが原因で資金繰りが悪化している方
■ 売掛債権(売掛金)の未回収リスクをなくしたいと考えられている方

ファクタリングは銀行などより早く簡単に現金化が可能です。
でも銀行や政策金融公庫と比べると金利(手数料)が高いです。

大事なことは、ファクタリングを利用することで急場をしのいだら、銀行などから融資を受けるように、徐々に持っていきたいですね。大きな金利(手数料)を何度も支払っていると、やはり経営を圧迫してくるかもしれませんよね。

◎ ファクタリング関連コラム

ファクタリング基礎知識の解説-資金調達 メリットとデメリット

資金調達 即日入金可能なファクタリング 仕組みやメリットを解説

ファクタリングの悪質業者に要注意 手口の特徴や事例を徹底解説

ファクタリングとは 即日で資金調達の仕組み 2社間・3社間の違い

ファクタリング会社の選び方 悪徳業者を見極め安全な資金調達を

ファクタリング(請求書買取サービス)とは?簡単に資金調達が可能

ファクタリングで買取不可の債権とは?利用前に確認が大事ですよ

フリーランス・個人事業主の資金調達 最短即日はファクタリング

もも
もも
このサイトはWordPressで作成しています。

◇ WordPressテーマは「「Diver」」です。

◇ レンタルサーバーは「mixhost(ミックスホスト)」です。
はな
はな
ありがとうございました。 TOPページへ戻る
おすすめの記事