資金調達の即日ファクタリングが経営改善の特効薬 おすすめ会社も

資金調達においてファクタリングを利用するのは経営改善の特効薬になります。
本記事では、そのことについて詳しく解説しています。

 

また、最後におすすめファクタリング会社を厳選し5社に絞って紹介しています。

それぞれの「所在地」、「営業範囲」、「買い取り額」、「手数料」、「入金までの日数」、「お客様」、「契約方法、その他」、「必要書類」、「特徴」を詳しく調査して載せています。

どの会社も安全で安心して利用できます。どうぞ参考にしてください。

 

● 即日ファクタリングが経営改善の特効薬になる

ファクタリングを利用する人の多くが、現在の資金繰りを回すことに集中しており、短期目線に陥ります。しかし、現在の難局を乗り越えた後も経営は続くのですから、長期目線でファクタリングを利用することを心がけてください。

 

長期目線でファクタリングを利用すれば、経営改善の特効薬になります。どのような効果が見込めるか、以下で詳しく見ていきましょう。

 

◆ ファクタリングがリスクマネジメントになる

ファクタリングは、リスクマネジメントに役立ちます。

 

リスクマネジメントとは、将来的に発生する恐れのあるリスクをコントロールすることです。

 

リスクマネジメントでは、リスクの回避・予防・分散が基本となりますが、ファクタリングを通じてこれらのリスクマネジメントが可能です。

 

● リスクの回避

自社で売掛金を保有している場合、売掛先の経営難によって支払いが遅れたり、支払い不能に陥ってしまうリスクがあります。この時、売掛金は不良債権となし、自社の資金繰りを圧迫する要因となります。
ファクタリングによって、このリスクを回避することができます。

 

ファクタリング会社の多くが、償還請求権(買い取った売掛金が支払われない場合に、譲渡人に買い戻しを請求する権利)を設定せずに売掛金を買い取ってくれるためです。

 

つまり、ファクタリングすることで、不良債権化のリスクを自社からファクタリング会社に移転し、回避できるのです。

 

経営が順調に見える売掛先は、不良債権化リスクが低いように思えますが、内情は大きな問題を抱えていることもあります。どのような取引先にもリスクはあるのです。

 

また、回収サイトが長い売掛金であれば、支払いまでの期間中に不測の事態が発生する可能性も高まります。多少手数料が高くとも、回収サイトの長い売掛金をファクタリングし、リスク回避を図るのも良い方法です。

 

● リスクの予防

ファクタリング会社は、売掛先の信用度に応じて手数料を設定します。ファクタリング会社のデータベースや、新規の調査によって信用を図って手数料を設定します。設定される手数料は、自社の与信管理にも役立ちます。

 

自社で取引先を調査しながら与信管理を行うことは、労力的にも、コスト的にも、中小企業にとって現実的ではありません。そこで、ファクタリング会社が調査した上で設定した手数料から、売掛先の信用度を測るのです。

 

ファクタリング手数料が高い売掛先に何らかの問題があると考えられるため、回収サイトが短くなるよう交渉する、取引のシェアを少しずつ小さくしていくなどの対策を講じます。一方で、ファクタリング手数料が低い取引先との関係は強化していきます。

 

これによって、質の悪い取引先との取引を減らし、リスクを予防していくことができます。同時に優良顧客の比率を高めることで、経営改善にもつながります。

 

もちろん、優良顧客の比率が高まることは優良な売掛金の比率が高まることにほかならず、ファクタリングの条件も良くなっていきます。資金調達はますます円滑になるでしょう。

 

● リスクの分散

不良債権化リスクを分散するには、取引を分散する必要があります。特定の取引先に依存することなく、多くの会社と取引していれば、一部の会社が倒産して不良債権が発生しても、経営への影響は軽微です。

 

そこで、新規顧客の開拓が欠かせないわけですが、当然ながら新規の顧客とは取引実績がなく、信用もありません。実績を作りながら、徐々に取引を増やしていく流れが一般的です。

 

このときにも、ファクタリングが役立ちます。新規の顧客と小規模な取引を始めた際、少額の売掛金をファクタリングに回し、新規顧客の信用を測るのです。

 

その結果、手数料が高ければ取引を小規模にとどめるか打ち切る方向で検討し、手数料が低ければ取引拡大のスピードを高めることも検討します。

このように、ファクタリングはリスク分散にも大変役立つのです。

 

◆ ファクタリングを活用しながら銀行融資を目指す

ファクタリングは非常に役立つものですが、資金調達の中心は銀行融資であるべきです。

 

ファクタリングでは、手持ちの売掛金以上の資金を調達できず、多額の資金需要には対応できないことも多いです。基本的には、短期間に限って必要となる少額の資金調達に活用するものと考えます。

これに対し、銀行融資では多額の資金調達が可能です。新規事業展開や設備の大規模な修繕・更新などの際には、銀行融資が欠かせません。銀行融資を受けられなければ、企業活動は大幅に制約されてしまうのです。

 

ファクタリングを利用する会社の中には、銀行融資が受けられないために、やむを得ずファクタリングを利用しているケースも多いです。その場合には、ファクタリングを利用すると同時に経営改善を図り、銀行融資を受けられる状況に持ち込むことを考えなければなりません。

 

具体的には、以下のように考えます。

 

即日ファクタリングなども活用して、短期間の資金繰りを回しながら真っ先に取り組むべきことは、支払いサイトと回収サイトの改善です。

支払いサイト・回収サイトの改善は時間をかけて進めるものですが、着実に効果が期待できます。

 

支払いサイトを改善すれば、支払いを先延ばしできます。手元に現金が残る期間が長期化するため、資金繰りが楽になります。支払いサイトが短い取引先からの仕入れを減らし、支払いサイトが長い取引先から仕入れるなどによって改善できます。

 

難しいのが、回収サイトの改善です。

 

自社が売り手であるだけに、取引先の条件をある程度受け入れる必要があり、回収サイトの短縮が受け入れられにくいためです。しかし、単価の引き下げや小ロットでの対応など、代替条件の提案を提案すれば回収サイトを改善できることも多いです。

 

回収サイトを短縮すれば、売上が短期間で入金されるようになり、手元資金が潤沢になります。支払いサイト・回収サイトの改善によって資金繰りが良くなれば、銀行からも評価されやすくなります。

 

もちろん、回収サイトの改善によって、ファクタリングの条件も良くなります。すぐに銀行融資を受けられずとも、ファクタリングによる資金調達の条件が徐々に良くなり、経営改善を軌道に乗せることができます。

 

ファクタリングを活用しながら銀行融資を受けられる状態になれば、おそらくファクタリングの条件も良くなっているはずです。

 

多額の資金調達には銀行融資を、即日などスピード重視・少額の資金調達にはファクタリングを活用でき、あらゆる状況に対応できる堅固な経営基盤を作ることを目指してください。

 


 

ここまでの記事は「MSFJ株式会社の公式サイト」から転載しています。

 

MSFJ株式会社

 

● おすすめのファクタリング会社5社

株式会社No.1
MSFJ
QuQuMo online
アクティブサポート
トップ・マネジメント

当サイトのおすすめファクタリング会社です。
どうぞ参考にしてください。

株式会社No.1

株式会社No.1のファクタリング必要項目の一覧です

MSFJ

MSFJ のファクタリング必要項目の一覧です

QuQuMo online

QuQuMo online のファクタリング必要項目の一覧です

アクティブサポート

アクティブサポート のファクタリング必要項目の一覧です

トップ・マネジメント

トップ・マネジメント のファクタリング必要項目の一覧です

● まとめ

ファクタリングはこんな方におすすめです。

■ 突発的に資金調達が必要になった方
■ 資金繰り(キャッシュフロー)改善を行いたい方
■ 融資を受けるまでの「つなぎ資金」が必要な方
■ 売掛債権(売掛金)の支払いサイトが原因で資金繰りが悪化している方
■ 売掛債権(売掛金)の未回収リスクをなくしたいと考えられている方

ファクタリングは銀行などより早く簡単に現金化が可能です。
でも銀行や政策金融公庫と比べると金利(手数料)が高いです。

大事なことは、ファクタリングを利用することで急場をしのいだら、銀行などから融資を受けるように、徐々に持っていきたいですね。大きな金利(手数料)を何度も支払っていると、やはり経営を圧迫してくるかもしれませんよね。

 

◎ ファクタリング関連コラム

ファクタリング基礎知識の解説-資金調達 メリットとデメリット

資金調達 即日入金可能なファクタリング 仕組みやメリットを解説

ファクタリングの悪質業者に要注意 手口の特徴や事例を徹底解説

ファクタリングとは 即日で資金調達の仕組み 2社間・3社間の違い

ファクタリング会社の選び方 悪徳業者を見極め安全な資金調達を

ファクタリング(請求書買取サービス)とは?簡単に資金調達が可能

ファクタリングで買取不可の債権とは?利用前に確認が大事ですよ

フリーランス・個人事業主の資金調達 最短即日はファクタリング

もも
もも
このサイトはWordPressで作成しています。

◇ WordPressテーマは「「Diver」」です。

◇ レンタルサーバーは「mixhost(ミックスホスト)」です。
はな
はな
ありがとうございました。 TOPページへ戻る
おすすめの記事