即日で資金調達 ファクタリング会社の選び方解説 おすすめ会社も

資金調達するときに即日ファクタリング会社を選びたい時ってあると思います。資金繰りがショートの危険が迫っている時はなおさらですよね。でもそんな時、急いでるからこそ、あなたに合ったファクタリング会社を選ぶようにしてくださいね。

本記事では、そんなファクタリング会社の選び方を、徹底解説しています。

また、最後におすすめファクタリング会社を厳選し5社に絞って紹介しています。

それぞれの「所在地」、「営業範囲」、「買い取り額」、「手数料」、「入金までの日数」、「お客様」、「契約方法、その他」、「必要書類」、「特徴」を詳しく調査して載せています。

どの会社も安全で安心して利用できます。どうぞ参考にしてください。

● 即日でファクタリングするための会社選び

即日ファクタリングを経営改善に役立てるには、複数の会社を比較しながら、自社に適したファクタリング会社を選ぶことが絶対条件となります。

資金繰りショートの危険がある場合、「とにかく早く現金がほしい」と思うあまり、「早ければ他の条件には目をつぶる」と考えることも多いです。これが高すぎる手数料を受け入れてしまう原因にもなります。

もちろん、即日対応によるファクタリング会社の負担も考えると、ある程度手数料が上がることには納得しなければなりません。しかし、即日対応を切実に求める会社の足元をみて、悪条件でのファクタリングを迫る悪質な会社があることも事実です。

ここでは悪質業者を避ける方法と、経営改善・効率化に役立つ優良ファクタリング会社を選ぶポイントをまとめていきます。

◆ 手数料を比較する

真っ先に比較すべき条件は手数料です。ファクタリング手数料の仕組みや、財務に与える影響は既に解説した通りですが、手数料を慎重に見極めなければファクタリングの効果は小さくなってしまいます。したがって、

基本手数料が低いファクタリング会社を選ぶ
手数料の表記があいまいな業者は避ける
乗り換えで手数料が低くなる会社を選ぶ
繰り返し利用することで手数料の優遇を受けられる会社を選ぶ

などを詳しく比較していきましょう。

気をつけたいのは、手数料の設定が分かりにくい業者です。

例えば、

「買取手数料 1%~」などと手数料の下限を低く設定し、上限は明記しない
「買取手数料 5~30%」など、上限が高く設定されている
手数料以外にかかる費用の有無が明記されていない

などの場合、あまりにも高い手数料を請求されたり、手数料自体は安くとも多額の諸費用を請求されたりする危険性があります。

◆ 即日対応の可否を比較する

即日対応を受けられるかどうかをしっかり比較することも重要です。なぜならば、即日対応を謳いながらも、即日で資金調達できないケースもよくみられるためです。

「即日対応」には、様々な解釈が可能です。申し込みから入金まで即日で行われるのが理想的ですが、

審査は即日で行われるが、入金は即日ではない
「即日対応」とは「最短即日対応」のことであり、ケースバイケースで対応している

といった解釈も成り立ちます。

悪質業者でなくとも、このような認識のずれは起こります。即日で確実に資金調達するためには、即日で入金されるかどうかをきちんと確認することが重要です。

◆ オンライン対応の会社がおすすめ

即日対応のファクタリング会社の中には、手続きがオンラインや電話で完結する場合も多い一方、ファクタリング会社への訪問を求めている場合もあります。

即日対応を希望するならば、オンラインや電話で手続きできる業者を選ぶべきです。

訪問する場合、訪問時間を調整する必要があるため時間がかかり、即日対応を受けられない可能性があります。

◆ 必要書類も要確認

ファクタリング会社のホームページで、手続きに必要な書類も確認しておきましょう。

会社ごとに必要な書類は異なり、登記簿謄本や決算書を求められる場合もあります。即日ファクタリングを希望する会社が、そのような書類を事前に準備しているとは考えにくいです。

したがって、必要書類が多いファクタリング会社では、即日資金調達が現実的に不可能です。

手元にある書類だけでファクタリングを依頼できるファクタリング会社を選んでください。

◆ 契約のタイミングに注意

このほか、契約の流れにも注意してください。

ファクタリング契約では手数料や支払いに関する取り決めも行うため、売掛金を審査した上でなければ契約を交わすことはできません。契約時点で手数料や支払期日が確定しているのですから、即日で入金されるかどうかも分かるのです。

不明点が多いタイミングで契約を迫る業者は、悪質業者の可能性があるため避けるべきです。

また、即日入金が受けられない、手数料が高いなど、契約内容に納得できない場合には契約を見送り、他のファクタリング会社を探すのが良いでしょう。

◆ 取引実績を比較する

最後に、取引実績の比較も参考になります。

取引実績が豊富であれば、取引データの蓄積も多いと考えられます。過去のデータから売掛先の信用をチェックし、適正な手数料でスピーディに対応できる可能性も高いです。

ただし、業歴はあまり参考になりません。他業種では、業歴の長さが信用の高さになることも多いのですが、ファクタリングが普及し始めたのはごく最近のことであるため、優良・悪質を問わず業歴の短い会社がほとんどです。


ここまでの記事は「MSFJ株式会社の公式サイト」から転載しています。

MSFJ株式会社

● おすすめのファクタリング会社5社

株式会社No.1
MSFJ
QuQuMo online
アクティブサポート
トップ・マネジメント

当サイトのおすすめファクタリング会社です。
どうぞ参考にしてください。

株式会社No.1

株式会社No.1のファクタリング必要項目の一覧です

MSFJ

MSFJ のファクタリング必要項目の一覧です

QuQuMo online

QuQuMo online のファクタリング必要項目の一覧です

アクティブサポート

アクティブサポート のファクタリング必要項目の一覧です

トップ・マネジメント

トップ・マネジメント のファクタリング必要項目の一覧です

● まとめ

ファクタリングはこんな方におすすめです。

■ 突発的に資金調達が必要になった方
■ 資金繰り(キャッシュフロー)改善を行いたい方
■ 融資を受けるまでの「つなぎ資金」が必要な方
■ 売掛債権(売掛金)の支払いサイトが原因で資金繰りが悪化している方
■ 売掛債権(売掛金)の未回収リスクをなくしたいと考えられている方

ファクタリングは銀行などより早く簡単に現金化が可能です。
でも銀行や政策金融公庫と比べると金利(手数料)が高いです。

大事なことは、ファクタリングを利用することで急場をしのいだら、銀行などから融資を受けるように、徐々に持っていきたいですね。大きな金利(手数料)を何度も支払っていると、やはり経営を圧迫してくるかもしれませんよね。

◎ ファクタリング関連コラム

ファクタリング基礎知識の解説-資金調達 メリットとデメリット

資金調達 即日入金可能なファクタリング 仕組みやメリットを解説

ファクタリングの悪質業者に要注意 手口の特徴や事例を徹底解説

ファクタリングとは 即日で資金調達の仕組み 2社間・3社間の違い

ファクタリング会社の選び方 悪徳業者を見極め安全な資金調達を

ファクタリング(請求書買取サービス)とは?簡単に資金調達が可能

ファクタリングで買取不可の債権とは?利用前に確認が大事ですよ

フリーランス・個人事業主の資金調達 最短即日はファクタリング

もも
もも
このサイトはWordPressで作成しています。

◇ WordPressテーマは「「Diver」」です。

◇ レンタルサーバーは「mixhost(ミックスホスト)」です。
はな
はな
ありがとうございました。 TOPページへ戻る
おすすめの記事