ファクタリングのメリット・デメリットの解説 おすすめ会社紹介

資金調達で即日ファクタリングは、資金繰りがショートしそうな時には、非常に便利なものです。しかし闇雲にファクタリング会社を選んでいては手数料の高い会社や悪徳業者に出会ってしまうこともあります。

本記事では、ファクタリング会社の選定で失敗の無いように、まずはファクタリングの仕組みやメリット・デメリットについて詳細に解説しています。

また、最後におすすめファクタリング会社を厳選し5社に絞って紹介しています。

それぞれの「所在地」、「営業範囲」、「買い取り額」、「手数料」、「入金までの日数」、「お客様」、「契約方法、その他」、「必要書類」、「特徴」を詳しく調査して載せています。

どの会社も安全で安心して利用できます。どうぞ参考にしてください。

● ファクタリングの仕組み

◆ 3社間ファクタリング

 

上の絵は3社間ファクタリングの仕組みです。

日本では最もポピュラーで幅広い業種で利用されているサービスですが、ファクタリングの取引に売掛先企業様が含まれるため、下記のような誤解や不信感を抱かせやすいのが実情です。

➤➤➤ 資金繰りに困っているのかな?
➤➤➤ 他の会社に頼む方が良いかな?
➤➤➤ 継続的に取引できるのかな?

最悪のケースでは、風評被害によって取引の停止や縮小に繋がる可能性も否定できません。

◎ 3社間ファクタリングのメリット4つ

➤ 2社間より審査に通りやすい
➤ 2社間ファクタリングと比べて手数料が安い分、買取額が高い
➤ 大手のファクタリング会社も利用対象に含まれるため、悪徳業者の回避に繋がる
➤ 事前に売掛先企業様の承諾を得るため、ファクタリング取引の透明性が確保できる

◎ 3社間ファクタリングのデメリット3つ

➤ 売掛先企業様への通知および承諾が必須なため、利用できるとは限らない
➤ 売掛先企業様に「資金繰りが苦しいのでは?」といったネガティブな印象を与えやすい
➤ 2社間ファクタリングより、資金調達までに時間がかかってしまう

◆ 2社間ファクタリング

 

2社間ファクタリングの最大の特徴は「お客様」と「ファクタリング会社」だけで取引が完結するという点です。

従来、ファクタリングは3社間が基本でした。しかし、売掛先に対し「債権譲渡の通知」と「ファクタリング取引の承諾」という2点の必須条件がネックとなり、なかなか普及しませんでした。

そこで新たに誕生したのが、売掛先企業様に知られずに利用できる2社間ファクタリングです。

つまり、2社間は「ファクタリングは利用したいが風評被害は避けたい!」というユーザーのリクエストによって生まれた新しい契約方式と言えるでしょう。

◎ 2社間ファクタリングのメリット3つ

➤ 売掛先企業様に知られずに、未回収の売掛債権(売掛金)を資金化できる
➤ 事務手続きが少ない分、手間がかからない
➤ 最短で即日資金調達も可能

◎ 2社間ファクタリングのデメリット3つ

➤ 3社間ファクタリングより手数料が高い分、買取価格が低い
➤ 3社間ファクタリングと比べて審査に時間がかかる場合がある
➤ 2社間を取り扱っている大手ファクタリング会社が少ない

 

● ファクタリングのメリット8つ

キャッシュフローの改善

ファクタリングなら売掛先企業様との関係を維持したまま売掛債権(売掛金)を支払いサイトの期日前に資金化できるのが強み。

キャッシュフローの大幅な改善に繋がるため、単発だけでなく継続的にも利用できます。

償還請求権なしの「ノンリコース」で取引できる

「資金調達」と「リスクの低減」を同時に行えるのも、ファクタリングの大きな魅力でしょう。

償還請求権を伴わないノンリコースのファクタリング取引では、たとえ売掛先企業様が倒産した場合でも、お客様に支払い義務はありません。

秘密厳守で利用可能

ファクタリング会社とお客様の2社間で行うファクタリングの場合、売掛先企業様に知られる心配は一切ありません。信用低下に繋がりませんので、安心して利用できます。

借入負債に計上されないので信用情報に悪影響を与えない

ファクタリングは、あくまで売掛債権(売掛金)の売買契約であり、融資ではありません。
したがって、決算の際に借入負債として計上されることもなく、信用情報を気にせずに資金調達が可能です。

即日スピード資金調達が可能

銀行などの融資と比べて審査スピードが格段に早いのも、ファクタリングならではの強みです。

当然、審査を申し込んでから資金化までの待ち時間が短くて済むため、「早急に資金調達が必要!」「今すぐイレギュラーな仕入れ資金が必要!」という方に向いています。

「税金の滞納」や「設立1年目」でも資金調達が可能

➤ 税金を滞納している
➤ 社会保険料を滞納している
➤ 赤字決算の企業
➤ 設立1年目の企業

ファクタリングは銀行などの審査とは違い、売掛債権(売掛金)を重視して審査を行います。

したがって、売掛債権(売掛金)さえしっかり確認できれば上記のようなケースでも審査を通すことができるのです。

銀行融資がNGでも利用できる

たとえ銀行融資の審査がNGだったとしても、ファクタリングによる資金調達は可能です。
その根拠として、審査の際に用いられる判断基準の違いが挙げられます。

▼審査の判断基準

➤ ▲銀行の審査:会社の経営状況を重視して、融資した金額の回収ができるか否かを判断
➤ ◎ファクタリングの審査:買取った売掛債権(売掛金)が回収できるか否かを重視

銀行融資の審査で否決されたお客様でもファクタリングの審査が通る可能性は充分にありますので、自己判断で諦める必要はありません。

「担保」や「保証人」が不要

ファクタリングの契約に、不動産などの「担保」を設定したり「保証人」を立てたりする必要はありません。

● ファクタリングのデメリット4つ

融資と比べて手数料が高くなる場合がある

何かとメリットばかりが注目されがちなファクタリングですが、デメリットが全くない訳ではありません。
その一つが、銀行融資やカードローンなどの借入金利よりも手数料が割高になってしまうという点でしょう。

銀行やノンバンクなどで融資を受けた場合、元本に対する法定金利が下記のように定められています。

▼元本が100万円を超えた場合の法定金利

➤ 年率:15%まで
➤ 月率:1.25%まで

一方、ファクタリング自体は融資ではなく、あくまでも売掛債権(売掛金)の買取ですから利息を支払う必要はありません。
そのかわり、売掛債権(売掛金)の金額から「基本の手数料」を差し引いて買取金額を算出する仕組みになっているのです。

▼手数料の相場

➤ 2社間ファクタリング:売掛債権(売掛金)の10~30%ほど/年率換算120~360%
➤ 3社間ファクタリング:売掛債権(売掛金)の1~10%ほど/年率換算12~120%

債権譲渡登記が必要な場合がある

必須ではないものの、買取対象の売掛債権(売掛金)に対して「債権譲渡登記」を行い、法務局等に申請しなくてはいけない場合があります。
そのため、結果として登記情報が金融機関などの第三者に知られてしまう可能性も否定できません。

売掛先企業様に通知される場合がある

秘密厳守が原則の2社間ファクタリングとは違い、3社間ファクタリングは売掛先企業様の承諾が必須です。
そのため、資金繰りが悪いことが知られてしまい、会社の信用低下に繋がる可能性があります。

ファクタリング会社の選定が難しい

ファクタリングが普及するにつれて、より難しくなってきたのが業者の選定です。

▼選定が難しい理由

➤ 「利用条件」や「料金設定」が会社ごとに異なる
➤ ヤミ金のような悪質なファクタリング会社も存在する

ファクタリング会社の選定に失敗してしまえば、資金繰りが更に悪化してしまう可能性があります。


ここまでの記事は「ファクタリングの株式会社No.1」の公式サイトから転載しています。

株式会社No.1

● おすすめのファクタリング会社5社

 

株式会社No.1
MSFJ
QuQuMo online
アクティブサポート
トップ・マネジメント

 

当サイトのおすすめファクタリング会社です。
どうぞ参考にしてください。

 

株式会社No.1

株式会社No.1のファクタリング必要項目の一覧です

MSFJ

MSFJ のファクタリング必要項目の一覧です

QuQuMo online

QuQuMo online のファクタリング必要項目の一覧です

アクティブサポート

アクティブサポート のファクタリング必要項目の一覧です

トップ・マネジメント

トップ・マネジメント のファクタリング必要項目の一覧です

 

● まとめ

 

ファクタリングはこんな方におすすめです。

■ 突発的に資金調達が必要になった方
■ 資金繰り(キャッシュフロー)改善を行いたい方
■ 融資を受けるまでの「つなぎ資金」が必要な方
■ 売掛債権(売掛金)の支払いサイトが原因で資金繰りが悪化している方
■ 売掛債権(売掛金)の未回収リスクをなくしたいと考えられている方

 

ファクタリングは銀行などより早く簡単に現金化が可能です。
でも銀行や政策金融公庫と比べると金利(手数料)が高いです。

 

 

大事なことは、ファクタリングを利用することで急場をしのいだら、銀行などから融資を受けるように、徐々に持っていきたいですね。大きな金利(手数料)を何度も支払っていると、やはり経営を圧迫してくるかもしれませんよね。

◎ ファクタリング関連コラム

ファクタリング基礎知識の解説-資金調達 メリットとデメリット

資金調達 即日入金可能なファクタリング 仕組みやメリットを解説

ファクタリングの悪質業者に要注意 手口の特徴や事例を徹底解説

ファクタリングとは 即日で資金調達の仕組み 2社間・3社間の違い

ファクタリング会社の選び方 悪徳業者を見極め安全な資金調達を

ファクタリング(請求書買取サービス)とは?簡単に資金調達が可能

ファクタリングで買取不可の債権とは?利用前に確認が大事ですよ

フリーランス・個人事業主の資金調達 最短即日はファクタリング

もも
もも
このサイトはWordPressで作成しています。

◇ WordPressテーマは「「Diver」」です。

◇ レンタルサーバーは「mixhost(ミックスホスト)」です。
はな
はな
ありがとうございました。 TOPページへ戻る
おすすめの記事