ファクタリング 優良会社の選び方を解説&おすすめ会社も紹介

資金調達で即日ファクタリングが可能な会社もいろいろあります。でもその中には優良会社も悪徳業者も混ざっています。

本記事では、あなたがファクタリング会社を選ぶ時、失敗しない選び方を解説しています。

また、最後におすすめファクタリング会社を厳選し5社に絞って紹介しています。

それぞれの「所在地」、「営業範囲」、「買い取り額」、「手数料」、「入金までの日数」、「お客様」、「契約方法、その他」、「必要書類」、「特徴」を詳しく調査して載せています。

どの会社も安全で安心して利用できます。どうぞ参考にしてください。

● 失敗しないファクタリング会社の選び方

◆ インターネットで悪徳業者を除外するコツ

インターネットで「ファクタリング会社」と検索すると、大量の情報がヒットします。
信用できるファクタリング会社かどうかを見極めるには、下記の項目を参考にして下さい。

▼悪徳業者の特徴

ネガティブな口コミが多い
レンタルオフィスを住所として掲載している
公式ホームページがない
実績情報を公開していない

口コミサイトやマッチングサイトの情報は、サイト運営者の主観で書かれていることが多く、信憑性が高いとは言い切れません。

とはいえ、検索によってヒットする情報が多いほど悪質なファクタリング会社である可能性は低くなります。

◆ 手数料が安いファクタリング会社の選び方

手数料はファクタリング会社によって異なるものの、共通点として下記の4点が挙げられます。

▼ファクタリング手数料の特徴

未回収リスクを想定し、銀行融資の金利より割高に設定されている
相場は2社間で10~30%ほど、3社間で1~10%ほど
2社間より未回収リスクの低い3社間の方が安い
有名企業や上場企業などの売掛債権(売掛金)は、未回収リスクが低く手数料も安い

ほとんどの優良ファクタリング会社では最低手数料を公表していますが、実際にお持ちの売掛債権(売掛金)によって最終的な手数料は違ってきます。

まず、最低手数料が低いファクタリング会社をいくつか選定し、そのうえで複数社から手数料を提示してもらって選択すると良いでしょう。

◆ 問い合わせて担当者に会ってみる

優良ファクタリング会社の傾向として、担当者の対応の良さが挙げられます。

一方、説明が分かりにくく対応に誠実さが感じられてない、担当者と会えずに電話だけで契約を進めようとする会社は避けた方が無難です。

担当者と面談する際は、下記のポイントを参考にして下さい。

▼面談時のポイント

単発ではなく、複数回取引する前提で話す
初回の面談で疑問点を提示し、明解な回答が得られるかチェックする

◆ 条件で絞り込む

3社間ファクタリングに特化している、介護報酬を数多く手掛けているなど、各ファクタリング会社によって得意分野が異なります。

まずは、自社が行うファクタリングの条件を明確にしたうえで、「システム」「業種」「タイプ」の3項目で絞り込みましょう。

▼絞り込みの一例

システム:2社間/3社間
業種:建設業/医療/製造業/運送業/ITなど
タイプ:売掛債権(売掛金)の買取型/保障型/国際/給与など

例えば、2社間ファクタリングを希望する建設業の場合、株式会社No.1が特化している分野のため、他社よりも好条件で契約できる可能性があります。


ここまでの記事は「ファクタリングの株式会社No.1」の公式サイトから転載しています。

株式会社No.1

● おすすめのファクタリング会社5社

株式会社No.1
MSFJ
QuQuMo online
アクティブサポート
トップ・マネジメント

 

当サイトのおすすめファクタリング会社です。
どうぞ参考にしてください。

 

株式会社No.1

株式会社No.1のファクタリング必要項目の一覧です

MSFJ

MSFJ のファクタリング必要項目の一覧です

QuQuMo online

QuQuMo online のファクタリング必要項目の一覧です

アクティブサポート

アクティブサポート のファクタリング必要項目の一覧です

トップ・マネジメント

トップ・マネジメント のファクタリング必要項目の一覧です

● まとめ

ファクタリングはこんな方におすすめです。

■ 突発的に資金調達が必要になった方
■ 資金繰り(キャッシュフロー)改善を行いたい方
■ 融資を受けるまでの「つなぎ資金」が必要な方
■ 売掛債権(売掛金)の支払いサイトが原因で資金繰りが悪化している方
■ 売掛債権(売掛金)の未回収リスクをなくしたいと考えられている方

 

ファクタリングは銀行などより早く簡単に現金化が可能です。
でも銀行や政策金融公庫と比べると金利(手数料)が高いです。

 

 

大事なことは、ファクタリングを利用することで急場をしのいだら、銀行などから融資を受けるように、徐々に持っていきたいですね。大きな金利(手数料)を何度も支払っていると、やはり経営を圧迫してくるかもしれませんよね。

◎ ファクタリング関連コラム

ファクタリング基礎知識の解説-資金調達 メリットとデメリット

資金調達 即日入金可能なファクタリング 仕組みやメリットを解説

ファクタリングの悪質業者に要注意 手口の特徴や事例を徹底解説

ファクタリングとは 即日で資金調達の仕組み 2社間・3社間の違い

ファクタリング会社の選び方 悪徳業者を見極め安全な資金調達を

ファクタリング(請求書買取サービス)とは?簡単に資金調達が可能

ファクタリングで買取不可の債権とは?利用前に確認が大事ですよ

フリーランス・個人事業主の資金調達 最短即日はファクタリング

もも
もも
このサイトはWordPressで作成しています。

◇ WordPressテーマは「「Diver」」です。

◇ レンタルサーバーは「mixhost(ミックスホスト)」です。
はな
はな
ありがとうございました。 TOPページへ戻る
おすすめの記事