ファクタリングで資金調達-即日も可能な仕組みや手数料について

事業を運営していく為には事業資金が必要ですよね。
その資金が潤沢にあるなら問題はありません。
でも、大半の事業者が事業資金の調達に冷や汗を流しているのではないでしょうか。
時間がかかっても良いなら、金融機関で審査をしてもらうのもありです。

ですがそんな悠長なことを言ってられない時ってありますよね。
そんな時に有り難いのがファクタリングというサービスなんです。

本記事では、手早く事業資金調達ができる「ファクタリングについて」解説しています。

また、最後におすすめファクタリング会社を厳選し5社に絞って紹介しています。

それぞれの「所在地」、「営業範囲」、「買い取り額」、「手数料」、「入金までの日数」、「お客様」、「契約方法、その他」、「必要書類」、「特徴」を詳しく調査して載せています。

どの会社も安全で安心して利用できます。どうぞ参考にしてください。

● ファクタリングとは?

ファクタリングとは、自社の売掛債権を買い取ってもらうサービスを指します。
例えば、すぐに事業資金が必要になった場合、自社の売掛債権を売却することで
手早く現金化して、支払いを間に合わせるなどの時に利用するサービスです。
すでに事業資金が潤沢であれば問題ありませんが、すぐにまとまった資金が必要な時に、
事業資金が不足していれば事業の継続が困難になってしまうことでしょう。
最悪の場合、倒産に陥ることも考えられます。
そういった場合に、顧客や取引先からの支払いを待たずして
手早く現金化できるファクタリングは非常に便利です。
また、ビジネスローンと違って債務を増加させることなく、月々の返済が発生することもありません。
そのため自社の安定した資金計画を実現させることができます。

※売掛債権(売上債権)とは、品物やサービスを提供した会社が、
顧客や取引先から代金の支払いを受ける権利です。
売掛債権は代金を受け取る権利ですので、会計上は資産とみなせます。

● 事業資金調達にファクタリングが選ばれる理由

事業資金調達の手段としてファクタリングが選ばれるのは、
「審査の通りやすさ」と「最短で即日の現金化が可能」であるためです。

借入の審査が通らない状況下でも、ファクタリングなら
必要書類を事前に準備していれば最短即日で事業資金を調達できます。

▼必要書類一覧

商業登記簿謄本
印鑑証明書
法人税確定申告書(決算報告書)
売掛先企業との基本契約書、売買契約書
入金確認ができる通帳

※場合によっては追加資料の提出あり

入金までの期日が短いという点では、ビジネスローンを利用する手段もありますが、
基本的に手数料が高く、負債として扱われます。
一旦多額の金額が手元に入るため、資金のやりくりがうまくいかなければ
最悪の場合倒産につながるかもしれません。

対してファクタリングを利用すると、ビジネスローンよりも
手数料を抑えて事業資金が調達ができ、負債として扱われません。
また手元に入るお金は売掛債権を売却したものですので、
資金のやりくりがうまくいかなかった場合にも、返済をする必要がありません。
現状日本におけるファクタリングの普及率は低いですが、経済産業省は
新たな資金調達方法としてファクタリングの利用を推奨しているそうです。
もし以下のような状況であれば、ファクタリングの利用を検討してみてください。
銀行や信用金庫に融資を申し込んだが審査が通らなかった
融資の申し込みにあたって担保がないor保証人がいない
審査を待つ時間がなく、いち早く事業資金を調達したい
借入をするほどではないが事業資金が必要

● ファクタリングの仕組み

ファクタリングが借入よりも審査が通りやすく、最短で即日現金化できる仕組みについて解説します。
ファクタリングご利用の流れについても説明します。

ファクタリングの流れは以下の通りです。

自社がA社に商品を納入することで売掛金が発生する(債権者:自社、債務者:A社)
資金調達のためファクタリング会社にファクタリングを申し込む
ファクタリング会社に必要資料を提出し審査を受ける
A社売掛金の信用力や価値に応じて手数料が設定される
ファクタリング契約を結んでA社売掛金を売却する(債権者:ファクタリング会社、債務者:A社)
ファクタリング会社から自社へ買取代金が支払われる

 

ただし、ファクタリングの方式によって流れが異なる場合があります。

ファクタリングの方式には、

2社間ファクタリング
3社間ファクタリング

 

の2種類があり、それぞれ異なる特徴やメリット・デメリットがあります。

 

◆ 2社間ファクタリング

2社間ファクタリングは、自社とファクタリング会社のみで完結する取引を行うファクタリング方式です。
売掛先をはじめとする第三者は一切関与しません。

2社間ファクタリングの流れは

自社が売掛債権をファクタリング会社に売却する
ファクタリング会社が手数料を引いた売却代金を自社へ支払う
売掛先が自社に売掛金を支払う
自社がファクタリング会社に売掛金を支払う

 

となるため、売掛先にファクタリングを利用していることが知られて信用が落ちるリスクを回避できます。

2社間ファクタリングを利用する最大のメリットは、売掛先にファクタリングの利用が知られないことです。
ファクタリングの利用を売掛先に知られると、経営悪化を疑われて信用問題に発展するかもしれません。

2社間ファクタリングでは売掛先とのやり取りを行わないため、
売掛金売却までの流れが早く、スピーディに資金調達ができます。
しかし売掛先とのやり取りを行わないことで、ファクタリング会社が未回収リスクを負うことになります。そのためファクタリング会社は、ファクタリング手数料を高めに設定することで、未回収のリスクを回避しています。
2社間ファクタリングにおいてファクタリング会社は、売掛金の回収までに必要な手続きが多く、さらに売掛先が売掛金を使い込んでしまうリスクを背負います。このリスクに備えて、一般的に手数料は高めに設定されています。

そのため2社間ファクタリングは、売掛先に知られることなくファクタリングしたい会社、スピーディに資金調達したい会社、自社と売掛先の信用力が高く、ファクタリング手数料を安く押さえられる会社におすすめの方式です。

◆ 3社間ファクタリング

3社間のファクタリングは、自社とファクタリング会社に加えて売掛先が関わって取引を行うファクタリング方式です。
売掛先が取引に加わることで、売掛先が直接ファクタリング会社に売掛金を支払うことができます。
そのためファクタリング会社が負うリスクが低く、2社間ファクタリングよりも安い手数料設定となっています。

3社間ファクタリングの流れは、

自社が売掛債権をファクタリング会社に売却する
ファクタリング会社が手数料を引いた売却代金を自社へ支払う
売掛先が直接ファクタリング会社に売掛金を支払う

となるため、売掛先にファクタリングの利用が知られ信用を損なうかもしれません。

3社間ファクタリング最大のメリットである手数料の安さを優先する会社も多くあります。具体的には2社間ファクタリングの手数料が10%〜20%であるのに対し、3社間ファクタリングの手数料は1%〜5%と低価格に抑えられています。
しかし売掛先の合意を得るための手続きが増えるため、2社間ファクタリングと比べて現金化に時間がかかります。また売掛先に債権譲渡の通知を行う手続き上、自社と売掛先の関係性に悪影響が出るかもしれません。
売掛先との関係性が良好であったり、売掛先の理解をもらえていたり、売掛先の事業が自社に依存している状況であったりすれば、3社間ファクタリングを利用することによるリスクは低くなるでしょう。
また売掛先が関わる都合上、3者間ファクタリングを提供しているのは優良業者だけですので、悪質業者を避けられるメリットもあります。
そのため、3社間ファクタリングは、売掛先と強い関係がある会社、売掛先に理解がある会社、売掛先の事業が自社に依存している会社におすすめの方式です。

● 会社選びが重要ポイント

ファクタリングを利用する際、悪質業者に騙されたくはありませんよね。悪質業者に騙されてしまっては、余計に資金難になってしまうかもしれません。そのためファクタリングを利用するときの会社選びは非常に重要と言えます。
あくまでも「手数料が安い=優良企業」とは限りませんので、ご注意ください。

優良ファクタリング会社の見極めるためには「資金調達にかかる日数」「契約書や対応の適切さ」「会社情報の信頼性」を意識するようにしましょう。

まず資金調達にかかる日数は、

2社間ファクタリング:即日〜1週間ほど
3社間ファクタリング:1〜2週間ほど

の場合がほとんどです。

この目安から大きく外れるようであれば、優良企業ではない可能性がありますので、別の会社と比較してください。
また優良企業は、契約書の取扱や質問への対応が丁寧です。契約書内の不明点やファクタリングを利用するにあたっての疑問点を適切に解説してくれる優良企業を選びましょう。

反対に悪質企業に多い契約書の特徴は

詳細の説明をせずとにかく押印を促す
手数料や費用が明記されていない
契約書の控えを渡さない
質問に対して誤魔化しながら回答する

が挙げられます。

資金調達に急いでいたとしても契約書にはしっかりと目を通して、悪質企業に騙されないようにしましょう。
各企業のH Pにある会社概要を確認して、信頼できる情報かどうかを見極めるのも重要です。特に創業年数が5年以上か、レンタルオフィスが所在地になっていないかが悪徳業者を見抜くポイントになります。

● 手数料には注意が必要

会社選びの際やファクタリングの方式を決める際にも重要となる「手数料」ですが、安ければ安心・安全というわけではありません。基本的に手数料は「売掛先の信用度」「利用者の信用度」「売掛債権の金額」などの複数の要因で決定されます。
また、手数料は、企業にもよりますが掛け目、買取手数料、債権譲渡登記費用、印紙代、振込手数料、交通費が含まれます。おおよその業界相場がありますので、まずはこちらを参考にしてください。

▼手数料の業界相場

2社間ファクタリング:10〜30%
3社間ファクタリング:1〜5%

中には、手数料とそのほかにかかる費用を別にして、手数料を安く見せかけている企業がありますので、全体の費用を相場と見比べるようにしてください。

そのためチェックすべき項目として

手数料が30%以上
手数料が極端に安い

 

どちらかに当てはまる場合は、結果として多額の料金を支払うことになると思った方がいいでしょう。

● おすすめのファクタリング会社5社

株式会社No.1
MSFJ
QuQuMo online
アクティブサポート
トップ・マネジメント

当サイトのおすすめファクタリング会社です。
どうぞ参考にしてください。

株式会社No.1

株式会社No.1のファクタリング必要項目の一覧です

MSFJ

MSFJ のファクタリング必要項目の一覧です

QuQuMo online

QuQuMo online のファクタリング必要項目の一覧です

アクティブサポート

アクティブサポート のファクタリング必要項目の一覧です

トップ・マネジメント

トップ・マネジメント のファクタリング必要項目の一覧です

● まとめ

ファクタリングはこんな方におすすめです。

■ 突発的に資金調達が必要になった方
■ 資金繰り(キャッシュフロー)改善を行いたい方
■ 融資を受けるまでの「つなぎ資金」が必要な方
■ 売掛債権(売掛金)の支払いサイトが原因で資金繰りが悪化している方
■ 売掛債権(売掛金)の未回収リスクをなくしたいと考えられている方

ファクタリングは銀行などより早く簡単に現金化が可能です。
でも銀行や政策金融公庫と比べると金利(手数料)が高いです。

大事なことは、ファクタリングを利用することで急場をしのいだら、銀行などから融資を受けるように、徐々に持っていきたいですね。大きな金利(手数料)を何度も支払っていると、やはり経営を圧迫してくるかもしれませんよね。

もも
もも
このサイトはWordPressで作成しています。

◇ WordPressテーマは「「Diver」」です。

◇ レンタルサーバーは「mixhost(ミックスホスト)」です。
はな
はな
ありがとうございました。 TOPページへ戻る
おすすめの記事