ファクタリングとは 即日で資金調達の仕組み 2社間・3社間の違い

本記事では、資金調達が最短即日が可能なファクタリングとは?
ということでその仕組みや2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違いを徹底解説しています。

また、最後におすすめファクタリング会社を厳選し5社に絞って紹介しています。

それぞれの「所在地」、「営業範囲」、「買い取り額」、「手数料」、「入金までの日数」、「お客様」、「契約方法、その他」、「必要書類」、「特徴」を詳しく調査して載せています。

どの会社も安全で安心して利用できます。どうぞ参考にしてください。

 

● ファクタリングとは

近年、注目を集めている資金調達方法の一つにファクタリングがあります。ファクタリングとは、売掛金を資金化する方法のことです。ファクタリングは、安定的な運転資金の調達に不安がある企業、特に中小企業の間での活用が広がってきています。

 

ファクタリングとは、売掛金を資金化する方法のことです。

 

◆ 世界的に広がるファクタリング

多くの人が、ファクタリングは新しい資金調達方法、というイメージを持っていることでしょう。確かに、日本においてはまだまだ新しい方法です。

しかし、ファクタリングの歴史は古く、14世紀後半のイギリスで生れた方法です。長い歴史を持っていることから、欧米ではごく一般的な方法(特に中小企業向けの金融サービスとして)として利用されています。

 

日本でファクタリングが始まったのは1970年代のことで、欧米に比べてまだまだ歴史が浅いものの、50年の歴史があります。
もっとも、日本と欧米では商習慣や金融システムが根本的に大きく異なるため、日本ではファクタリングがあまり普及してきませんでした。

 

電子商取引やインターネットの普及に伴って、ファクタリングが普及しつつあります。後述の通り、ファクタリング事業者の多くがオンラインでサービスを提供していますが、電子商取引・インターネットといった仕組みとファクタリングの仕組みの親和性が非常に高いために、ファクタリングの普及が進んでいるのです。

 

新しいサービス(特に金融関連のサービス)の普及が始まったばかりの時期には、市場が未成熟であるために法整備も確立しておらず、悪質な事業者が存在していることも事実です。これが、ファクタリングに対する悪いイメージにも繋がっています。

 

しかし、上記の通り、世界的に見てファクタリングの歴史は古く、欧米では一般的な資金調達方法です。悪質業者の存在は、ファクタリングの本質的な価値をなんら損なうものでもありません。
むしろ、即日で資金調達でき、中小企業にとって役立つものである以上、今後も普及は拡大していくでしょう。

◆ 即日ファクタリングで資金調達

 

ファクタリングの最大の特徴は、資金調達の円滑化に役立つことです。

スピード経営が求められる現代においては、ヒト・モノ・カネの経営資源を最大効率で活用することが求められます。中でも、カネの要素が枯渇すれば企業経営は破綻し、必要なときに十分な資金を供給できなければ、経営効率は大きく低下してしまいます。

 

そこで、売掛金を資金化するファクタリングが役立ちます。ファクタリングでは、資金として活用できるまでに時間がかかる売掛金を即日で現金に換えることで、経営効率を高めることが可能です。
もちろん、即日で資金調達できるため、黒字倒産を防ぐといった「急場しのぎ」の資金需要にもファクタリングが役立ちます。

 

さらに、ファクタリングは経営改善の特効薬にもなります。行き当たりばったりでファクタリングを活用するのではなく、ファクタリングを通じて経営改善を推進すれば、やがて銀行融資によって安定的に資金調達できるようにもなるのです。

 

● 即日で資金調達できる即日ファクタリングの仕組み

ここからは、ファクタリングについて様々な観点から解説していきます。まずは、ファクタリングの仕組みを学びましょう。

 

◆ ファクタリングは権利の売買

一般的に、ファクタリングでは売掛金を売る・買うと表現しますが、実際には売掛債権のひとつである売掛金を「譲渡する」「譲受する」というのが正確な表現です。
売掛債権は、文字通り権利の一種です。すなわち、

 

「取引先との与信取引によって得た、将来的に代金の支払いを受ける権利」

 

を意味します。この権利を第三者に譲渡することで対価を得る(買い取ってもらうことで資金を得る)ことをファクタリングといいます。

 

したがって、売掛金を資金化する、つまり売掛金を売却するには、売掛金を買い取ってくれる第三者の存在が欠かせません。ファクタリングでは、ファクタリング会社が売掛金の買い取りを行う第三者にあたります。

 

ファクタリングでは、ファクタリング会社が売掛金の買い取りを行う第三者になりますよ。

 

◆ ファクタリングの仕組み

ファクタリングの基本的な仕組みは、以下の通りです。

1、自社とA社で、与信取引での売買契約を結んだ。A社への納入に伴い、売掛債権が発生した。
(自社:債権者、A社:債務者)

2、自社の資金調達のために、売掛債権を資金化することにした。自社・A社・ファクタリング会社の間でファクタリング契約を結び、A社の承諾を受けてファクタリング会社に売掛債権を譲渡した。自社は、ファクタリング会社から資金の支払いを受けた。
(自社:譲渡人、A社:債務者、ファクタリング会社:債権者)

3、売掛債権の支払期日までに、A社はファクタリング会社に売掛金を支払った。
(権利関係の解消)

細かい流れを省くと、おおむね上記の流れで行われます。このように、自社・取引先・ファクタリング会社の三社間で行うファクタリングを「三社間ファクタリング」といいます。

 

 

自社・取引先・ファクタリング会社の三社間で行うファクタリングを「三社間ファクタリング」といいます。

 

◆ 三社間ファクタリングの問題点

ファクタリングによる資金調達が一般的である欧米では、三社間ファクタリングが一般的です。ファクタリングの際に債務者に債権譲渡の承諾を求めても、特に問題は起こりません。

 

しかし、日本ではまだファクタリングが一般的でなく、債権譲渡の際に信用不安を起こす危険性があります。

 

資金繰りが苦しく、銀行融資なども受けられないからファクタリングを利用したのではないか、
取引の継続は避けるべきではないか、などと疑われる可能性が高いのです。

 

この疑いは的外れとも言い切れません。実際にファクタリングの利用を考える会社の多くが、手元資金に余裕がない、銀行融資を受けられないなど、何らかの切迫した事情を抱えていることも事実です。

 

さらに、三社間でのファクタリング契約や債権譲渡通知などの手間がかかるため、即日での資金調達も困難です。

 

◆ 即日対応が可能な二社間ファクタリング

現在の日本では、切迫した事情がある中で、信用不安の発生を予防しながら資金を調達することが求められます。
このため、日本では信用不安に配慮したファクタリングの仕組みとして、二社間ファクタリングが一般的です。

二社間ファクタリングは、以下の流れで行います。

1、自社とA社で、与信取引での売買契約を結び、商品を納入した。納入に伴い、売掛債権が発生した。
(自社:債権者、A社:債務者)

 

2、自社の資金調達のために、売掛債権を資金化することにした。自社とファクタリング会社の間でファクタリング契約を結び、A社の承諾を受けることなく、ファクタリング会社に売掛債権を譲渡した。自社は、ファクタリング会社から資金の支払いを受けた。
(自社:譲渡人、A社:債務者、ファクタリング会社:債権者)

 

3、売掛債権の支払期日までに、A社は自社に売掛金を支払った。自社はファクタリング契約に基づき、売掛金をファクタリング会社に売掛金を支払った。
(権利関係の解消)

 

◆ 二社間ファクタリング・三社間ファクタリングの違い

流れを比較してみると分かりますが、三社間ファクタリングと二社間ファクタリングの大きな違いは、

✔ ファクタリング契約を二社間・三社間のいずれで行うか
✔ 債権譲渡の際に債務者の承諾を得るかどうか

にあります。

 

二社間ファクタリングは、自社とファクタリング会社の二社間でファクタリング契約を結び、債権譲渡の承諾も受けないため、ファクタリングしたことを債務者に知られる恐れがありません。したがって、信用不安のリスクもなくなります。

 

もちろん、よりスピーディな資金調達も可能となります。即日対応を可能としているファクタリング会社のほとんどは、二社間ファクタリングを行っています。

 


 

ここまでの記事はファクタリング会社の株式会社MSFJの公式サイトから転載しています。

株式会社MSFJ

● おすすめのファクタリング会社5社

株式会社No.1
MSFJ
QuQuMo online
アクティブサポート
トップ・マネジメント

当サイトのおすすめファクタリング会社です。
どうぞ参考にしてください。

株式会社No.1

株式会社No.1のファクタリング必要項目の一覧です

MSFJ

MSFJ のファクタリング必要項目の一覧です

QuQuMo online

QuQuMo online のファクタリング必要項目の一覧です

アクティブサポート

アクティブサポート のファクタリング必要項目の一覧です

トップ・マネジメント

トップ・マネジメント のファクタリング必要項目の一覧です

● まとめ

ファクタリングはこんな方におすすめです。

■ 突発的に資金調達が必要になった方
■ 資金繰り(キャッシュフロー)改善を行いたい方
■ 融資を受けるまでの「つなぎ資金」が必要な方
■ 売掛債権(売掛金)の支払いサイトが原因で資金繰りが悪化している方
■ 売掛債権(売掛金)の未回収リスクをなくしたいと考えられている方

ファクタリングは銀行などより早く簡単に現金化が可能です。
でも銀行や政策金融公庫と比べると金利(手数料)が高いです。

大事なことは、ファクタリングを利用することで急場をしのいだら、銀行などから融資を受けるように、徐々に持っていきたいですね。大きな金利(手数料)を何度も支払っていると、やはり経営を圧迫してくるかもしれませんよね。

もも
もも
このサイトはWordPressで作成しています。

◇ WordPressテーマは「「Diver」」です。

◇ レンタルサーバーは「mixhost(ミックスホスト)」です。
はな
はな
ありがとうございました。 TOPページへ戻る
おすすめの記事